いい加減フロントをDockerでやるのが辛くなってきてanyenv入れた時のメモ。

環境

  • mac
  • homebrew
  • zsh

手順

anyenv

$ brew install anyenv
$ anyenv install --init
$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.zshrc
$ exec $SHELL -l
$ anyenv install -l

途中でマニフェストディレクトリについて聞かれたらy。
最後のコマンドを打つとenyenv経由で使えるenv系リストが表示される。

nodenv

$ anyenv install nodenv
$ exec $SHELL -l
$ nodenv install -l

anyenvの時と同様に、利用可能なバージョン一覧が表示される。

Node.js

Node.jsの公式を参考にしつつ、バージョンを指定してインストールする。

$ nodenv install 14.17.2
$ nodenv global 14.17.2
$ node -v
v14.17.2

参考